東京の神待ち体験談記事一覧

 私がPCMAX を使って神待ちをやったのは、同棲中の彼と喧嘩してしまった方でした。同棲を始めた頃はとても仲良くラブラブな生活を楽しむことができていたのです。大好きな人と一緒に生活をするって、やっぱり女の子の夢の部分がありますからね。だけど、そんな彼の様子が最近おかしい、どうしたのかなと思っていた別の女の子とエッチを楽しんでいたんです。それでそれがとってもショックで、喧嘩になってしまったのでした。...

 私は東京都世田谷区の、京王線沿線で生活をしている24歳のフリーターです。なんで私が出会い系サイトを利用して神待ちをしてしまったのかと言うと、私の仕事について親がとてもうるさく小言を言ってくるからでした。私としてはまだ暫くフリーターをしていたかったけど、ちゃんと就職して正社員にならなければいけないと口うるさく言われていたのです。それが嫌で家を飛び出してしまったんだけど、フリーターの貯金なんてちょっ...

 東京都大田区住みの工場勤務の僕は、全く出会いがありません。社内は男性ばかりの職場だし、自分の周りで女性がいませんから全く出会いを見つけられないからかなり欲求不満になってしまってました。たまに先輩が風俗に連れて行ってはくれるけど、その利用金額と言ったら半端なものじゃありません。それに風俗より素人のオマンコがいいなって気持ちもあったし、エッチな素人さんを探してみようという気持ちになってました。一番出...

 一人暮らしが寂しい東京都練馬区在住の大学生です。工業大学に通っているから、周囲は男ばっかり。女友達の1人でも欲しいな、そんな考えはあるもののなかなか友達を作ることもできないでいました。女の子の友達がいれば一人暮らしだって寂しくないし、もっと華やかな気分になれるんじゃないかって考えていたんです。だから、神待ちの女の子を探してみようという気持ちになったのでした。神待ちの女の子だったら助けてあげれば宿...

 東京都足立区でフリーターやっている19歳、今以上に欲求不満で自分でも制御するのが難しくなってしまっていました。なんと言ってもブサ男だから、女の子との縁が全くありません。職場もどちらかと言えば男ばかり、それにルックスが悪いからモテることがありません。だから性処理には甚だ困り果ててしまっていたのです。だから気軽に一発やらせてくれる、そんな女の子を見つけたいって気持ちがありました。インターネット検索し...

 たまに何もかも嫌な気分になっちゃって、放り出したいって思うことがあります。精神がちょっと不安定な部分があるからかもしれませんけど、普段の生活を全て放り出したいって気持ちを持つことがあるんです。私は東京都江戸川区の19歳の専門学生、特に家庭の中はとっても辛くって、親とも仲が悪いからたまに本気でキレてしまうような事もあります。そんな時は、家を飛び出してふらふらと帰らない事もあるんです。その時も家出を...

 男は皆んなセックスを求めるって思ってしまうかもしれませんが、自分は性格が内向的なのでさほど肉欲を求めたいって気持ちがありません。ただ、異性の事はもちろん好きですから、一緒にいて欲しいという気持ちを持っていました。東京都江東区で生活をしている、27歳独身の土木作業員です。こんな仕事をしているから肉食系かと思われてしまうかもしれないですが、実は結構な草食系なんです。だから女性に積極的になれず、恋人を...

 毎日同じことの繰り返しの生活、これにはさすがに飽きあきしていたのです。会社に出かけて帰ってくるだけの毎日は、さすがに刺激というものを覚えることがなくなっていました。恋人と別れてしまってから降りだし、新しい出会いもありませんから、ただひたすら仕事に明け暮れる毎日といった感じです。私は東京都板橋区で生活をしているサラリーマンですが、なにか刺激が欲しいという気持ちがあり、出会い系サイトに登録してみまし...

 僕は東京都杉並区は阿佐ヶ谷近辺で生活をしている公務員。ハッピーメールという出会い系サイトを利用した目的は、ただ一つセックスをする相手を探すことでした。見た目からしてオタクっぽいし小太りなので、女の子にモテることがありませんでした。彼女もできない状態は延々と続いてしまってましたし、性欲解消にどうしても女体が欲しいと思っていたんです。生の女性のオマンコの穴で気持ちよくなる、チンコを激しく快楽に導くた...

 まさか神待ちをやる事になるなんて、自分でも考えていないことでした。私は東京都八王子市で販売員をやっているのですが、彼と一緒に生活をしていたマンションで生活をするのが嫌だったのです。それと言うのも、大失恋をしてしまってお別れすることになってしまったのです。彼との思い出がいっぱい詰まった私のマンション、ここにいると思い出して辛くなってしまって、自然と外にいる時間が長くなっていました。それで、帰りの電...