私は静岡県静岡市で、社会人の彼氏と同棲生活をしていました。
1年ほど一緒に生活をするようになったのですが、最初のうちは良かったのですが、だんだん暴力などの行為が目立つようになってきたのです。
次第に一緒に生活をすることがとても苦痛になってしまって、逃げ出さなければ危険だって思うようになってしまいました。
その時もすごく怖い思いをして、そのまま家を飛び出してしまったのでした。
突然家を飛び出すことになってしまったために、お財布と携帯しか持ってくることができなくて、所持金もちょっとしかなかったんです。
物凄く困っちゃって、こんなったら神待ちするしかないのかなって感じでした。
静岡県静岡市のある街中で、ぽつねんと一人呆然としていたときの事だったんです。
「あれAちゃんじゃない」
私に声をかけてきた男性がいました。
顔をあげると、その人は前に友達から紹介されたことがある人だったのです。
一緒に飲みに出かけたこともある同い年の男性でした。
「どうしたの?具合でも悪いの?」
「実は…」
彼氏の暴力で家を飛び出してきて、所持金もないから困っている事を伝えたのでした。
「とりあえず家に来て落ち着いて」
彼の誘いに乗って、住んでいるマーンルームマンションまで行くことになりました。

とっても優しく接してくれたこと、親身に話を聞いてくれたこと、物凄く彼に気持ちが傾いていくのがよく分かっちゃったんです。
結局彼氏と別れることにして、暫くしてから助けてくれたこの人と恋人って関係を作るようになっていったんです。
神待ちをしなくて助けてもらうこともできたし、良い人をみつける事もできて本当に良かったって感じがします。
前の彼氏と違って今の彼氏は、すごく気がきく人だし優しいから安心した関係を作ることができました。
神待ちサイト徹底比較

神待ちサイト比較

神待ち総合ランキング

会員数や出会い易さ等の項目を完全数値化